マツムシ

マツムシ

分類:バッタ目 マツムシ科

スズムシに似ているが体長は19~33mmとより大型で体色は淡褐色。また、付節に吸盤があるためガラス窓の垂直面を登ることが出来る。成虫は8月中旬から11月下旬にかけて出現する。平地~低山帯の乾燥気味の日当たりの良い草地に生息し、主にススキが占有する河川敷、海岸線、高速道路沿い、線路沿いなどで生活する。
体色は枯れ葉や枯れ草の色に合わせた保護色であるが、生活は主に生きた植物の上である。食物は草本の葉や昆虫の死骸なども食べる。メスはイネ科植物の茎に産卵する。河川堤防などが生息場所なので洪水の打撃を受けやすく、一度壊滅すると回復するのに数年かかる。