オオムラサキ

オオムラサキ

分類:チョウ目タテハチョウ科

幼虫の食樹はエノキで成虫は低地から山地にかけてのクヌギが混じる雑木林周辺に7月~8月にかけ見られる大型のチョウで北海道~九州にかけて分布する。
日本の「国蝶」に指定されているが、近年生息地が減少している。冬は幹を降り、落ち葉に包まって幼虫越冬する。成虫はカブトムシなどと同様、クヌギなどの樹液を吸う。