コナラ

コナラ

分類:ブナ科

国内では日本全土に知られ、茨城県内でも平地から山地まで広く生育しています。涸沼周辺でもよく見られますが、燃料としての需要は少なくなりましたが、シイタケ栽培のほだ木として利用されます。花期は春で、果実は年内に熟します。同属のクヌギは「どんぐり」も大きく、殻斗の総苞片はそり返っています。樹皮も不規則に大きく割れています。果実は2年目に熟します。涸沼自然公園にはコナラ、クヌギ、アベマキなどが植えられています。