サクラタデ

サクラタデ

分類:タデ科

国内では本州・四国・九州の湖沼や河川の水辺に生える多年草で、高さは0.5~1mになります。花期は夏から秋で、タデ科では花が一番大きいとされ、淡紅色のきれいな花です。花弁はありませんが、花被は長さ5mmになり花弁のようです。雌雄は別の株になります。涸沼では似たシロバナサクラタデもあり、こちらの方が生育地点は多く、花被は白色で、長さも4mm程度でやや小さな花です。水田には葉などを噛むと辛みのあるヤナギタデも生育しています。