カワウ

カワウ

分類:ウ科
全長:80~101cm

ほぼ全身が黒色で大型の水辺の鳥。留鳥として本州から九州まで分布しますが、北海道では夏鳥、九州南部以南では冬鳥です。近年、水質環境の改善に伴い、食べ物となる小魚が増えて個体数が増加したといわれます。潜水を繰り返して魚を捕食し、濡れた翼を広げて乾かす姿をよく見かけます。
涸沼では、一年中見ることができます。
鵜飼に使われるウは、海に生息するウミウという別な種になります。