ヒヌマイトトンボ

ヒヌマイトトンボ

分類:トンボ目 イトトンボ科

ヒヌマイトトンボは、1971年7月7日に、涸沼湖岸のヨシ原で発見されたイトトンボで、涸沼の地名にちなんでヒヌマイトトンボと命名された。
小型のイトトンボで体長は約3cm。卵から孵化した後、幼虫で越冬し、5月下旬から羽化がはじまり、7月に成虫発生のピークを迎え、8月下旬まで成虫を観察することができる。
生息地は淡水と海水が混じり合う汽水域で、他のトンボ類と比べて高い塩分濃度に耐えることができる。ヒヌマイトトンボは非常に弱く、他のトンボ類に簡単に捕食されてしまうため、他のトンボ類が生息できない、塩分濃度の濃い汽水域で生き残ってきたと考えられている。