スナヤツメ

スナヤツメ

分類:ヤツメウナギ科

環境省、茨城県どちらのレッドデータブックでも絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。ウナギに似ていますが、別の円口類というグループに属しています。目の後ろにあるエラの穴は7個で、これと眼を合わせて八つになることからヤツメの名前が付いています。水のきれいな緩やかな流れを好み、涸沼周辺では周辺の細流や水路などの砂地のところに生息しています。
幼生は泥の中などで生活し、目が無くミミズのように見えます。4年目で成魚になります。