ツバメ

ツバメ

分類:ツバメ科
全長:17~18cm

夏鳥として全国に渡来しますが、九州では越冬する個体が多くいます。人が生活している環境でしか営巣せず、人家、商店、ビルの軒下などに、土に草を混ぜてお椀型の巣をつくります。空中の昆虫類を飛びながら捕食するため、農家に大事にされてきた鳥です。近頃、生息している環境が変化したせいか、数が減少していると言われます。
涸沼では、3~10月頃まで姿を見ることがきます。