ハナウド

ハナウド

分類:セリ科

国内では本州の関東以西・四国・九州の河川などやや湿った所に群生する大型の多年草です。高さは0.5~2mになり、茎は太いですが、中空で、長い毛が目立ちます。葉も大きく、葉柄の基部は膨らんでいます。花期は初夏で白色の小さな花を多数付けますので、群生地は一面白くなります。一つ一つの花にも花弁の大きさに違いがあります。果実は2個の平たい分果と呼ばれるものからできています。夏には群生地のハナウドは枯れています。