ヤマトタマムシ

ヤマトタマムシ

分類:コウチュウ目タマムシ科

日本最大のタマムシで体長25~45mm。本州東北南部~九州、沖縄にかけて分布。県内に広く分布しているが広葉樹などの古木の伐採で生息地が減少している。主にサクラやエノキの衰弱木や湿った倒木に産卵に集まり、30℃を超える日中、独特な斜体の飛翔個体を見ることができる。