ヒメミズワラビ

ヒメミズワラビ

分類:イノモトソウ科

国内では本州・四国・九州に分布する一年生のシダ植物です。水田や休耕田、湿地などに群生します。草丈は変化が大きく、数㎝~50㎝になります。稲刈り後の水田のものは小さいですが、湿地や休耕田では大きくなっています。葉は柔らかく、胞子を付ける葉とつけない葉では形が異なります。茨城県では古くは県中央部までしか見られませんでしたが、現在は県北の水田に見られるようになりました。