コオイムシ

コオイムシ

分類:カメムシ目コオイムシ科

体長20㎜前後。全国の平野部に分布し、かつては他の水生昆虫同様どこの水田や池でも見られたが、現在は水田の乾田化や環境悪化によりほとんど見られなくなった。
水中では腹部と翅の間に貯めた空気で呼吸をするが、タガメのような短い呼吸管も持っていてそれで呼吸もする。魚類やカエル、モノアラガイ、他の昆虫などを前肢で捕らえ、口針から消化液を送込み、溶けた肉質を吸入する体外消化を行う。
昆虫では珍しく♀は♂の背中に産卵し、♂はそのまま移動する。さながら子守するようで「子負虫」と名付けられた。10月頃より陸上や水中で成虫越冬する。