ハンノキ

ハンノキ

分類:カバノキ科

国内では日本全土に知られ、湖沼や河川の岸辺、湿地によく見られる落葉樹。県内でも各地の湿地や放棄水田などに生育しています。涸沼では周辺の湿地や放棄水田に見られます。雌雄同株で、花期は早春ですが、雄花序は前年の秋には成長しており目立ちます。雌花序は花期には目立ちませんが、果穂は球果状で秋に熟し、種子を散布した後も残り落葉後に目立ちます。成長が早く、林下には限られた植物しか生育できないので、湿地の貴重な植物が減少することもあります。